「歯」を守る!すぐに始められるオーラルケアとその方法

あなたの歯と健康を守る、すぐ始められるオーラルケア完全ガイド

口臭、虫歯よ、さようなら!オーラルケアで健康な歯と体を作ろう

「歯が痛いから歯医者さんに行く」という方、多いですよね。 しかし欧米では「歯が痛くならないように歯医者さんに行く」という予防歯科の考え方が広く浸透しています。 予防歯科を重視することで、痛みと治療費の負担を回避することができるのです。 日本人のオーラルケアの実態をふまえて、予防歯科の大切さをまとめました。

オーラルケアで健康寿命を伸ばそう!

最近の研究で、お口の中の状態をよくすることが、身体を健康にし、さらには認知症の予防につながることがわかってきました。 高齢者の介護施設で、オーラルケアに力を入れたところ、軽度の認知症が改善されたというデータもあります。 オーラルケアと身体の関係についてまとめました。

今日からあなたもオーラルケアの達人に!ケアの方法あれこれ

オーラルケアといえば、歯磨きを思い浮かべる人も多いはず。 歯磨きも、もちろん大切ですが、タフトブラシやフロス、また洗口液などを併用することで、より効果を上げることができるのです。 正しい歯の磨き方とともに、これらのケア用品についてもまとめました。

知っていますか?予防歯科、日本のオーラルケアの実情

「芸能人は歯が命」。
ひと昔前の歯磨き剤のCM、覚えている方も多いのでは?
このCM、やや言葉不足。
ちょっと補足しましょう。
「芸能人であってもなくても、子どもからお年寄りまでみんな歯が命」
最近の研究によると、歯の健康は身体の健康、ひいては寿命とも密接な関係にあることがわかってきました。
そのため、医療や介護の現場でも、オーラルケアが重視されるようになっています。
あなたのお口の中、ちょっと見て下さい。
口臭がする、歯垢がたまっている、歯茎が腫れているなど、歯のケアが不十分な方、今日から適切なオーラルケアを行うことをおすすめします。
「目立ったトラブルはないし、きちんと歯を磨いているから大丈夫」という方、ちょっと待って下さい。
見えないところに歯垢がたまっていたり、トラブルの種がひそんでいたりするかもしれません。
それが大きなトラブルに発展する前に、適切なオーラルケアをしましょう。
ここではまず、オーラルケアも含めた予防歯科の大切さをお伝えします。
予防歯科の基本理念は、虫歯や歯茎の腫れなどの症状が出る前に対策を講じること。
いわば「転ばぬ先の杖」ですね。
予防歯科の大切さをふまえ、正しい歯の磨き方と歯磨き以外のケアの方法をまとめました。
正しい方法で行うオーラルケアは、虫歯予防のために必要であるだけでなく、お口のエチケットのためにも重要です。
いくつになっても美しい口元でありたいし、健康でいたいと思っているあなた。
今日から早速、オーラルケアを始めてみませんか?

TOPへ戻る