あなたの歯と健康を守る、すぐ始められるオーラルケア完全ガイド

>

口臭、虫歯よ、さようなら!オーラルケアで健康な歯と体を作ろう

日本はオーラルケア後進国?!

先進国の中でも、平均寿命の高さを誇る長寿国、ニッポン。
しかし「8020推進財団」の資料によると、日本の80歳以上の人たちの残存歯数は、決して高いとは言えず、中高年以降、歯を失う人の割合が急速に増えています。
また、歯科医師会の調査によると、日本人成人の8割以上もの人が歯周病にかかっているにもかかわらず、「自分は歯周病だ」もしくは「歯周病かもしれない」と自覚している人は、全体の9割にのぼるとか。
歯周病は歯を失う最も大きな要因のひとつ。
自分の歯への意識の低さが、オーラルケアへの意識の低さにつながっているといえそうです。
虫歯や歯槽膿漏のつらい痛みと、歯医者さんに通う時間や費用を考えると、オーラルケアの大切さを知って、毎日のケアに力を入れる方がよさそうですね。

予防歯科は「転ばぬ先のつえ」

日本では予防歯科という考え方になじみがない方が多く、「歯医者さんは治療しにいく所」というイメージが強いようです。
この予防歯科という考え方、欧米では広く浸透しており、アメリカでは虫歯治療に歯科医院を訪れる人より、虫歯予防のために訪れる人の数の方がずっと多いのです。
予防歯科とは、文字通り、虫歯や歯周病などを予防することを目的にしています。
これらの病気は感染症なので、適切な方法をとれば予防することができるのです。
私たちの口の中には、300から700種類の細菌が住みついており、よく歯を磨く人でも1000から2000個、あまり磨かない人は、その4〜6倍以上の細菌がいると言われています。
予防歯科は、これらの細菌の数を減らし、お口の中を細菌が住みにくい環境に整えることを目的としています。
毎日適切なオーラルケアを行い、1年に1、2度、歯医者さんにお口の中をチェックしてもらう、これが理想です。


Share!
TOPへ戻る