あなたの歯と健康を守る、すぐ始められるオーラルケア完全ガイド

>

今日からあなたもオーラルケアの達人に!ケアの方法あれこれ

何となく磨いていませんか?正しい歯磨き法

毎日の歯磨きはとても大切。
でも、ただ歯をゴシゴシ磨くだけでは、汚れが取れにくいばかりか、歯茎に傷がついて、お口の中のトラブルの原因になりかねません。
自分に合った歯ブラシを使い、正しい方法で磨くことが大切なのです。
まず歯ブラシは、固めで小さいものと、柔らかめでやや大きめのものを2種類準備するとよいでしょう。
歯磨きの方法はいろいろありますが、ここではバス法とスクラッピング法の組み合わせを紹介します。
まず小さめの歯ブラシを使います。
歯ブラシの毛先を歯と歯肉の間に45度の角度であて、小刻みに左右に動かします。
これがバス法です。
次に歯ブラシを、歯に直角になるように当て、やはり小刻みに動かします。
これがスクラッピング法です。
バス法で歯と歯肉の間の汚れを取り、スクラッピング法で歯の表面の汚れを落とすことができます。
最後に、やや大きめの歯ブラシをやさしく小刻みに動かし、歯と歯肉をマッサージして仕上げます。

歯磨きプラスαで、万全のオーラルケア

より効果的なオーラルケアに欠かせないのが、歯磨き後のケアです。
ここで使われるのが、タフトブラシ、デンタルフロス、舌ブラシ、そしてマウスウォッシュという「四種の神器」。
タフトブラシは、先端が少し尖った、小さなブラシです。
これは、一番奥の歯の後ろの部分を磨くために作られたものです。
奥歯だけでなく、歯ブラシの届きにくい歯と歯の間を磨くことにも適しています。
デンタルフロスは、歯と歯の隙間にたまった汚れをかき出してくれます。
隙間が大きい場合は、歯間ブラシを使ってもよいでしょう。
舌ブラシは舌の汚れを取り、口臭を防ぐのに効果的です。
歯ブラシで代用する人がいますが、舌を傷つける恐れがあるので、必ず舌専用ブラシを使いましょう。
そして仕上げが、マウスウォッシュです。
殺菌効果があり、虫歯や歯周病の原因菌の活動を抑えるので、オーラルケアの効果をさらに高めてくれます。


Share!
TOPへ戻る